ルーレットのプレイ方法

ルーレットは現代のカジノではどこでも、最も古く人気のあるゲームの一つです。

この唯一の特徴としては、ゲームの基本要素として機械装置があることです。車輪は壁やじゅうたんの隅に設置されます。そして0から36までの数字に分けられます。0の部分は常に緑になります。

ルーレットでは賭け金は、各数字を含むテーブルの部分に置かれます。この場所は「オッズテーブル」と呼ばれ、どの数字にも賭けることができますが、特に同じ列の4つの数字あるいは12個の数字列に賭けます。

ルーレットが回転するとゲームが始まります。賭けが終了すると車輪が回り始め、小さなボールがこの車輪とは反対の方向に投げ入れられるためです。

ルーレットで実施可能な賭けの種類は、以下の通りです:

– 直接賭け、つまりどれか1つの数字に賭けること。勝った人には全員に、36倍の配当を支払い。

– 2目賭けは2つの数字に賭けるもので、勝った場合には18倍の倍率を支払い。

– 横1列の3つの数字に賭けるやり方。これで勝った場合の倍率は12倍。

– 4目賭けは、4つの数字に賭けること。これで勝った場合の倍率は9倍。

– 6目賭けは、6つの数字の列に賭けること。これで勝った場合の倍率は6倍。

– 縦一列は、3つある縦の列のいずれかに賭けること。これで勝った場合の倍率は3倍。

– 大中小は、1~12、13~24あるいは25~36のいずれかを選ぶもの。これで勝った場合の倍率は3倍。

– そして最終的に、赤あるいは黒の数字、偶数あるいは奇数、または大(19~36)あるいは小(1~18)いずれかへの賭け。これらのうちいずれかで勝った場合の倍率は2倍(直接賭けを除く、というのも0が出た場合には配当なし)。

ルーレットゲームをプレイする上では2つの基本的段階が存在します。まず、どの数字あるいは数字グループに賭けるか決定しなければなりません。その後、各数字あるいは共有する縁にチップを置きます。その後ボタンを押すとゲームが始まります。ルーレットが回り始め、ボールが投入されます。ボールが泊まって選んだ数字に入れば、配当を得られます。そしてゲームを再度始めることができますが、賭け金が十分ある場合に限られます。いつでも確率表を参照することができ、数字を当てた場合にはプレイに基づいて配当が支払われます。

Was this article helpful?