ルーレットの歴史

ルーレットは、小さな車輪を意味するフランス語が語源の単語です。ルーレットのルーツを特定の期日に求めることはできませんが、中世中頃であったことが確認できます。

補足しますと、中世は人類の歴史において「暗黒」時代でした。社会に定着した強い文化的側面によりあらゆる科学的研究が妨げられ、これらが魔術とみなされていました。カトリック教会が「絶対の真実」を代表しており、宗教は科学に対して厳しい戦いを挑んでおり、科学的知識でいわゆる真実に異議を唱える人全てを異端審問により火刑に処せられました。これらの理由により多くの科学者が迫害ざれ、魔術を実践していると告発され火刑にかけられていったのです。

この時代において自らの体験を実現するための唯一の方法は、軍隊の力によって保護が可能な欧州の王様に庇護と保護を求め、科学の発見事項を共有することでした。

ルーレットの話に戻りますと、現在把握されているものの中でルーレットに直接言及したもの最古のものは、いわゆる「運の車輪」です。車輪の動きの魔術、中心は当然のことながら静止し、偶然により一点で停止する可能性が排除されるにつれて回転が速くなる… これらの側面全てが、回転する車輪を基盤とするさまざまなゲームに何らかの形で影響を与えたのです。

私たちが今日知る車輪をベースとして「フレンチ・ルーレット」を開発したのは、ブレーズ・パスカル(クレルモン・フェラン、1623年~パリ、1662年)と言われています。

ブレーズ・パスカルはフランスの哲学者、数学者および物理学者でした。彼がわずか3歳のときに母親が死に、その後父親が家族を連れて1630年にパリに移り住みました。彼の父は幾何学を始め、メルセンヌの学術サークルにこの幾何学を導入しました。パスカルはジラール・デザルグの発想に親しみ、1640年に現在ではパスカルの定理として知られているものを含む自分の著作を書き上げました。

信じられているところでは「フレンチルーレット」はブレーズ・パスカルにより作られていますが、これは数字が36個あるルーレットであり0(ゼロ)がなく、各数字が配置されている場所には完全な均衡があります。

閑話休題: ルーレットにある36個の数字を合計すると、666という神秘的な数字になります。

実際には、プレイヤーが賭けることで失う可能性のみが胴元が利益を得る状況であったことから、顧客の娯楽向けに資材を投じてこのルーレットを設置しても商業レベルでは儲からなかったことからこのルーレットは、友人間のサークルにおける娯楽のみに使用可能だったことでしょう。

19世紀末にブラン兄弟が「ブレーズ・ルーレット」を改良し、ゼロを追加したことで胴元が37分の1の利益を得ることができるようになりました。このルーレットが初登場したのはモンテ・カルロのカジノです。このため19世紀末には、有名な「ヨーロピアン・ルーレット」である標準ルーレットが生まれたと言えます。

その後ダブルゼロという別の数字が付け加わった「アメリカン・ルーレット」が登場し、これにより胴元が勝つ可能性が2つになりました(38分の2に)。

Was this article helpful?