ルーレットの確率性

関連した確率やゲームの仕組みを理解せずにルーレットをプレイしている人がたくさんいます。番号を当てればお金がもらえることは知っており、赤と黒、偶数と奇数だと賭けた額に加えてその同額が賞金として戻ってくることは知っていますが、その理由は理解していません。

ルーレットの本当の確率

ルーレットテーブルには1から36まで書いてあり、それぞれの数字が36回に1回選ばれるようになっています。ある数字を選んだ場合、今後35回は当たらないか、それとも36分の1の確率で当たるかのどちらかです。そして実際、これこそが数字を当てたときの配当なのです。

同様に、2つの数字に賭けた場合に当たる確率は18分の1で、4つの数字に賭けた場合には9分の1になります。3つの柱のうち1つに賭けた場合に当たる確率は3分の1です。そして赤か黒で当てた場合には、確率がフィフティ・フィフティなので配当は2倍です。

カジノにおけるルーレットの確率

しかし待ってください。まだ足りないものがあります。緑と00の存在を忘れています。これにより、カジノは利益を得るのです。

0と00のため、当たる確率は36分の1ではなく38分の1で、これが他の賭けにもあてはまります。0によりカジノに収益性がもたらされ、これは5.26%と推定されています。

ルーレットの確率について知るべきこと

ルーレットの中には00がないものがあることを知っておく必要があります。ヨーロピアンルーレットとして知られる車輪の中には0が1つしかないものがあります。0の存在によりカジノが利益を得るため、当然のことながら0が 1つしかないルーレットはプレイヤーになります。0が1つのルーレットはカジノの利益率を2.36%に引き下げます。

Was this article helpful?